通勤途中や仕事中のケガ

■通勤途中の足首の捻挫や仕事中のケガは自己負担なしで治療が受けられます。
労災とは、労働者の業務上の負傷、疾病、身体障害、または死亡に対して災害補償を行うことによって、労働者の保護をはかることを目的とした制度です。

通勤途中の災害もこの中に含まれます。

労働中のケガ等に関しては健康保険の適用外となり、労災が適用されます。

ケガは早く適切な処置を行うほど、治りが早くなります。

治療は日常生活に問題のない状態に回復するまで、毎日行います。

早く治したい方は、 「予約制で待ち時間なしの延寿堂」 での治療をおすすめいたします。

足首の捻挫
■労災隠しは犯罪です
本来労災適応のケガや事故に対し、事業主から「労災を使わずに健康保険を使って治療をしてほしい」と頼まれるケースが多々あるようです。

その場合「労災隠し」という犯罪となり、法的に処罰の対象となります。

労災かくし
 
続きを読む >>